« ムカついちゃダメよ | メイン | 今週はもう空かない »

デザインて面白い

西條です。
A6のチラシを発注した後、
とりあえず森本君から頼まれているA4のチラシも作成。
ポストカードサイズではなかなか目立たない、もしくは棚に入らない場所があるらしく、
A4も必要との事。僕は経験場どちらでも問題ないと判断しているので、
A4のチラシは手刷りで作ろうと思っている。
つまりは白黒。
河野さんや森川君などとやったスカイドア上映の宣伝でも白黒を使ったが、
デジタル印刷でなければ家でやってもそれほど差は無いかなと思われた。
そんなわけでデザイン開始。
A6ポストカードサイズのチラシは柏木メインの写真を使用しているから、これは佐久間メインのにしよう。
白黒だとロングショットよりクローズアップの方がいい。せっかく白黒なんだから陰影のしっかり付いた感じがいい。
とセクセク作成。

 思った以上にいい出来になったな!
と印刷。インクジェットプリンター。モノクロで最高品質の設定。
シュリシュリと印刷物があがる。すさまじいインク染みだ。
しばらく待てば乾くか。それはそうと文字がかすんでいる。
おかしいな。もう一度印刷。やっぱりダメだ。う~ん。
デザイン用編集ソフト、違うものを使ってみよう。
使ってみた。違う編集ソフトでもう再度1からデザインを作り直したわけだ。
で印刷。シュリシュリと印刷物が出てくる。
うん、筋が入っている。
しかし。。。この筋がまたいい感じだな。デモ森本君はたぶん納得しないだろうな。
と思うも、この筋は結構捨てがたい。陰影もちゃんと出ている。
しかし文字はにじんだまま。う~ん、
そうだ、wordで作ってみよう。wordで印刷するときはこんな風になってないし。
でまた1から作り直し。。。の段階でふと気づく。最高品質で印刷するからいけないんじゃないかしら。
最低品質で印刷してみる。
おお、出来た。インクを使えばいいってもんじゃないのね。
誤字脱字を直し、A4の白黒チラシも完成。

 新作のシナリオに取り掛かる。
今回はなんとか「恋鎖」の尺に届かない感じで1時間ちょっとにならないもんか。
CGが問題だ。なんせ作ってくれる人の当てが無い。まあなんとかするしかない。
暑いなあ今日も。でももっと長く暑くなって欲しいね。11月くらいまで暑くていい。
あ、新作なんだが今回はロックと宇宙と誘拐事件がウッディ・アレンとバック・トゥ・ザ・フューチャーを接着剤に繋ぎ合わさったエスパーものです。嘘です。エスパーじゃありません。軽い作品に成りそうだと思われるでしょ。そんな感じです。
主人公が奏でる音楽の詳細がまだ決まっていないのだが、それ以外は大体、決まったかな。
こちらもいい感じでシナリオが完成しつつある、しかも結構楽に撮影できそうだ。CG以外は。

 そんなわけでここ最近全然映画を見ていない、
と思い、ちょっと離れた場所のレンタルビデオ屋が半額なのでチャリで行く。
いろいろ借りてきたが、「ロスト・イン・トランスレーション」という映画をまず見た。
ラストがね、娯楽映画好きの僕としてはもうちょっと夢があってもいいんじゃいかとね。
この映画はビル・マーレーが落ち目の映画俳優で日本にCM撮影のタメにやってくるところから始まり、
ホテルで金髪女と会う話。馴染めない日本で2人は外国を探す。そんな印象だ。日本文化がどうのこうのじゃなく日本で自分達の範囲をなんとか見つけようとしている様、行き詰まりの中で仲間を見つけた喜びが伝わってきた。インディーズらしい作品。作ることが出来て非常にうらやましい。長~い作品だが全体にストレスがちりばめられているので嫌な気分反面緊張感半面てな感じ。それを感じられた編集マンはすごい腕だ。

 西條組新作「恋鎖」は
いよいよ9月24、25日に初上映となる。
このくらいの準備期間が僕には一番調度いいね。こだわり時間も行動時間もバランスがいい。
4回上映のうち一回くらい満員にならないものかと。まあ頑張るぜ。今週の融解座で「恋鎖」の予告編を流しますので、見に来てください。江古田フライングティーポットで放映します。タダで自主映画を数本見れますんで。チラシもゲットしてください。手違いで3000枚も刷ってしまったんで。一人10枚くらいもらっていってください。ホントどうすんだこんなに刷って。。。まあドカドカばら撒きますばい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年09月01日 15:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ムカついちゃダメよ」です。

次の投稿は「今週はもう空かない」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.