« チラシを検討・検索 | メイン | パソコンに不具合が出た »

そうめんとグリーンカレー

西條です。
暑い暑いと言っていたら田中康夫が新党を結成した。
あんた~長野県そっちのけで何しようってんだよ~
しかしテレビを見ているとかなり長野県の借金を減らしたとゴウゴウしている。
そうか、借金返したのか。
衆議院選挙を前に僕のバイトも忙しくなりそうだが、
そんな最中、グリーンカレーを作った。
この前タイ料理屋で初めて食べたグリーンカレーがまた食べたい!
なんとか作りたい!と思いスーパーに向かう、とグリーンカレーの元が発売されていた。
よっしゃよっしゃ、早速買う。314円で普通のカレー粉よりも高い。にもかかわらず、迷い無く買った。
よほど僕はハマったのだなグリーンカレーに。
で作ってみた。
肉は鶏肉、野菜はナスとピーマン。青唐辛子のグリーンとココナツミルクが合わさると
この前タイ料理屋で見たそれと一緒だー!メチャンコうまそうだ!

 でパクリと食べる。
うまい!しかし塩っヶが足らない。う~ん、
多分鶏肉を焼く時にもっと遠慮無く入れればいいんじゃないかな、きっとそうだ、うんそうだ。別に塩っヶ無くてもうまいや。
そんなわけでドカドカ食べた。まだ鍋の中に残っている。家で食べると自由におかわり出来るからいいよね。

 そして日曜日。
フライングティーポットのライブイベントに行ってきた。
犬のぬいぐるみを来て歌うジョン、という人がいるんだが、ミクシで写真を見た時に、
犬のままスーパーで買い物をしていた。
なんだか気になり、今回のライブに登場するというので、見てみようと出かけたわけだ。
その他出演者の方も、大体どんなライブなのかもわからぬままである。
フライングティーポットのライブに行くのも初めてだ、というか融解座以外でフライングティーポットのイベントに行くのが初めてだ。

 詩の朗読のような感じから始まったライブは
ヘビーなロックバンドやテクノやジョンや静かな癒し系までなんでもござれのライブ。
ジョンはケダモノの歌などをオルガンで弾き語り、ラストにナイト・オン・ザ・プラネットの曲を弾いて去っていった。う~ん、得体がしれない。
初めてのフライングティーポットライブでしたがすごく面白かった。
いい感じで音も迫力を出していたし。なんか感動したのであった。また行こう。

 いい気分で江古田にいるんだからと
天下一品ラーメンを食べに行く。ああ~うまい~
家に帰ってさらにグリーンカレーを食べる。ああ~うあまあいあ~
知らぬ間に寝てしまった。

 リトルシアターに電話し、契約ってどうすればいいのですか
と質問。劇場にいって書類を書くということだった。おそらく明日か明後日か、ヤネ明後日かに契約となる。ああ~金が飛ぶ~まあいいやこの前給料出たし。
結局1日5時間借りて2回上映しようということで落ち着いている。
今日のメインはチラシの作成だ。
あくせくとA4のチラシを制作しつつ、ふと思う。
これあんまり書くこと無いな。そうなのだ、厳選してチラシもシンプルにしていくとなると、あんまり書くことが無い。どうしよう、文字と写真がでかいだけのチラシもどうかと思うしなあ。
と思い、再び印刷屋のHPを見る。う~ん、ハガキサイズの方が、安い!
そんなわけでハガキサイズで作り直すことにする。
レイアウトはもう出来ているのであとはサイズを変更していくだけだ。
裏と表、両方作って我ながらアッパレな出来栄えだ!よしよし。
なんだかんだとやっぱり上映はお金が掛かってしまう。ポケットマネーじゃ落とし所がすごく難しい。
までも最初の上映ですからね、多少豪華に行きますよ、多少。

 そんなわけでグリーンカレーも食べ終え、そうめんを作った。
昔はそうめんを食べられない僕であったが、なぜかここ最近うまくてしょうがない。
そうめんを茹でる腕もあがった。いい感じでコシが整ったそうめんを茹でられた。
夏は折り返し、暑いけど風が秋の気配になりつつあります。僕は秋が一番好きなのですが
なんか今回はあれだなあ、夏が去るのが寂しいなあ。遊んだんだよね、ものすごく久しぶりに夏を。
海に入ってないけどね。
まあしかし、過ごしやすい季節も大切です。過ごしやすくなってね日本。田中康夫に出来るとは思わないんだけどね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年08月22日 17:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「チラシを検討・検索」です。

次の投稿は「パソコンに不具合が出た」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.