« 何事も無く東京へ | メイン | そうめんとグリーンカレー »

チラシを検討・検索

西條です。
上映の日程もほぼ決まり、まだ契約に至ってませんが
おそらく大丈夫だろうと、前倒しに宣伝とチラシ制作をしています。
ついでに書き込みとか吐き出しとかも出来たらいいんだけどね。
西條組新作「恋鎖」は1時間30分作品ということで、標準DVに吐き出さないといけない。
標準DVなんか持っていないのでレンタルしかなく、家の近くで借りようと調べています。
中古で買えれば一番いいのかもね。カメラもそのうちラージDVにしていくとか。
そんな夢のようなことを考えつつ、洗濯にいってきました。
今週の東京、天気最高!

 チラシ作成でいつも僕は
情報が沢山載っていた方がいいと思い、いろんな情報を載せようとするのだが、
今回はなるべるシンプルにしたいと思っている。
多分情報を載せようとすると厳選できない。載せたいことが沢山あるからね。
今回はキャッチコピーやストーリー解説のみにしていこうと思う。

 新作のシナリオのこともやっているい。
今日は友達がやってきて再びシナリオのお話。
とりあえず今書きあがっているシナリオはまたしても1時間20分くらい(シナリオ換算枚数)
でも会話劇なので多分そんなに尺はいかない。おそらく1時間行くか、行かないか。
そんな感じ。ロックンロールと誘拐事件が絡み合う青春映画だ。
シナリオの段階で切れるところは切っていきたいのだが、すでに僕の頭は凝り固まっているので、
ここは一つ、あんた切ってくれ、とシナリオを丸投げ。
友達は友達なりに切ったものを見せてくれた、なるほど~そう切るンスネ~
ハリウッド的な切り方でこれでは主人公とその他の出演者の心の関係がわからないじゃないか
と思いつつも、わかったところでそこまで必要なシーンでも、無い、と悟る。大体重要さが伝わったなら切るべきだとも言われないだろう。
友達「敢えて切れというなら、こういった感じになる」
新作はすでにキャスティングを平行して行っている。キャスティングはバランスが大切だ、
なかなかイメージの帳尻を合わすのが大変である。

 その後話は盛り上がり、
ウッディ・アレンをいかにしてパクるか、おっといかにイメージを大切にするか
考えて、新しい仕方を考案。再びシナリオの構成から変えていこうとなる。
音楽に対する感覚もドクターフィールグッドのおかげで同じになった。よしよし。また新しい作品に挑戦だ。
それとは別にもう一つ短編も書いている。
そろそろ拳銃とか出そうかなと思うわけです。今まではワンポイントだったり重要な小道具だったりしましたが、そうではなく、アクションてことで。
自主だとチープなものになりがちかもしれませんが、そうしないように、そうできるんじゃないかなと自分に期待しつつ、作ろうかと。
短編さっぱり書けなかったんだけどね。無理やり書いた。テーマ考えると書けなくなっちゃうんだよなあ。
せっかく書けたんだから映像にしたいわけです。

 とりあえずまずやらなきゃいけないのはチラシの作成だ。
宣伝してくれる人々の気持ちに答えなければならない。あんまり金かけないで適当なものにしてしまうと
それもそれで面白くない。頑張りやすよ。応援してね。応援てガソリンになりますから。最近高いけど。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年08月20日 09:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「何事も無く東京へ」です。

次の投稿は「そうめんとグリーンカレー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.