« 寒いんですけど | メイン | この時期にアスリート »

ヘッドフォンを買った

西條です。
梅雨の季節はどうしても、ウだってしまう僕。
だってさあ、靴濡れたら乾かないしさあ、洗濯物も生乾きになっちゃうしさあ、
気持ちにカビが生えていくのですよ。しかしそうウダウダしてもいられない。
売り込みに行った。

 雨が降っているからって
予定をずらせる立場じゃない。あんまり出たくなかったのだが頑張って出発。
雨=動く=ロクなことが無い。というジンクス。何にも無いといいけどね。
街に着くと雨は微妙に止んでいる。
劇場へ。

 この前も見てもらった際
もらったアドバイスをもとに再編集をした僕。
その再編集盤を手渡しに来たわけだ。緩急をつけたバージョン。
よくなっていると思うんだよね。なんてことを伝えてDVDを渡す。

 その人は劇場の人。
上映作品を決められるような立場の人ではないらしいのだが
僕は半分くらい上映はさておいて、な感じになっている。
レスポンスをくれたお礼と、アドバイスの成果を見せたいという気持ちが先立っている。
西條「いやあ、アドバイスをくれて編集したんですけどホント、タメになりました。緩急つけるとすごく臆病に編集していたんだなあ僕は、と気づかされます」
劇場の人「そうですか、ナレーションも変えたんですか?」
西條「はい。ナレーションも厳選して劇中真ん中辺りのを結構抜いたんですよ」
劇場の人「そうじゃなくて、音質ですよ」
西條「え」
劇場の人「最初のナレーションの音がプロっぽくないんで撮り直したほうがいいという意味なんですよ」
西條「え?」
劇場の人「え?」
西條「え?」
劇場の人はいい人なんで、一緒に焦る。

 どうも最初の柏木君のナレーションがナレーションらしく聞こえないらしい。
そうなんだ・・・
いや、意図的にフィルムっぽい感じの音質で行ってみたんだけども、
そこまでわかってプロっぽく聞こえないとのこと。
おお、そうかあ・・・ていうか、するどい。
ニコニコして人当たりのよさそうな感じなのに、非常にするどいところを突いてくる。
劇場の人はもともと音楽をやっていたんだって。
今度ナレーション撮る時は、アンプラグドなんかで使ってるコンデンサマイク使いといいよ。
と再びアドバイスをくれた。
ついでに役者選ぶときは声でも選んだ方がいいよと。
するでええ!
僕はむしろ声で選んでいる自主映画監督なんだが
「恋鎖」の場合、
柏木君の役をやってくれた人だけ声で選んでないんだよね・・・
それでもそこまで悪くは無いと思うんだけども。多分他が良すぎるのだろうか、う~ん、
しかしそんなアドバイスをくれる人は今までいなかったな。いやホントするどい。。。というか
良く観てくれている、そして、良く聞いてくれている。
なめたもんじゃねえよ、プロって。。。

 そんなわけで雨。
ジンクス通り、あんまりいいことはなかったのかもしれないが
自分の甘さを久しぶりに味わった。ごまかせない人にはごまかせない。
音質や編集のことばかりのアドバイスなのは作品自体はある程度のレベルは超えているからだ
とも言ってくれた。つまりケなしている訳でもアゲアシ取ってるわけでもなく、惜しい。の一言らしい。
すげー勉強になるよなこの活動。
また10日くらいしてメールをくれるようだ。
悪くなってますよなんて返信が来たらどうしよう、とちょっとビビりつつ
本当にありがとうございます。の気持ちでいっぱい。

 電気屋に向かう。
ヘッドフォンがこの前壊れたので新しいの買わなきゃ。
ピンきりで値段もいろいろ。
音のアドバイスを貰った後だけど、どうあがいてもフリーターな僕に買えるレベルは
5千円以内である。
今まで使っていたのはパイオニアのヤツ。
DENONのヘッドフォンが3000円くらいであり、DENONの名前とインピーダンスが同値段の他社製品に比べて微妙に違う、という気にしなくてもいいところで買うことを判断。
いっぱいありますからね、判断に困るよね。
そのままバイト先に行くと開始1時間30分前に到着。
「鯨」の箱書きを考えながらヘッドフォンをMDにつけて試す。なかなか良い。
今まで使っていたものより高音と低音のバランスがいいし、なんとなく細部まで聞こえる。。。気分。
まあ音なんて気分8割なんすよアハハハ。甘いか。。。
昔は低音バシバシなのが良かったがここ最近はバランスを第一に置いているのでこのヘッドフォンは2005年現在の僕には大当たりだ。

 この前芝居を見に行った大田さんに電話。
来週久々に会いましょうかということになる。楽しみだ。
予告編も必死になって書き出しを試す。エンコードってね~奥が深いよ。
こっちを立てればこっちが立たずでねー。
100kbpsと450kbpsの2つを用意した。350kbpsだとどっちつかずの代物になる。
が~しかし、やっぱ350も用意した方がいいのかなあ。
そんなわけで、UP!

西條組新作「恋鎖」HP

一応BBSも用意したほうがいいんだろうか、意見ください。
あと予告編見た人感想ください。
観れないとか、こうするともっと観やすいとか、作品が面白そうだとか、西條のセンスは最高だとか、不朽の名作を思わせるとか、予告編だけでキネマ旬報1位だとか、カンヌに出すべきだとか、黒沢の再来だとか、そういった些細なことでもいいのでね。

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ヘッドフォンを買った:

» イヤホン・ヘッドホン 送信元 X-Y=0
家にあるイヤホンの数がすごい。 これは、ここ数年自分にあったイヤホンというのを常... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年06月18日 06:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「寒いんですけど」です。

次の投稿は「この時期にアスリート」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.