« この時期にアスリート | メイン | 雲行きはイギリス »

大田さんと会う

西條です。
暑いね、死にそうなんだけど僕。
やることがあるとすぐに日誌の更新が途絶えてしまう僕ですが、
そんな僕が更新しているということは、作業が一段落したってことさ。
「鯨」のシナリオを書き直すという作業だったのだが
1時間30分の作品なんだけど、
これを2時間の作品に変えて提出しなきゃいけないようで、
そんなわけでいつもは短くすることを考えるのに、今回は長くすることを考えて書き直す。

 もともと「鯨」のシナリオは
何パターンもあり、5パターンくらいあるのかな、
それぞれで登場人物もシュチエーションも違う。時間も無いので
このキャラをイカしてこのシュチエーションを使う、と決めてつなげていった。
そして物語の核になるラジオ番組を大幅に変更し、しみじみしたものから豪快なものに変更。
なかなか楽しい作業だった。
2時間もあると、何でも出来るからいいよね。
まあそんなわけで。

 この前
「そして~」や「アスリート」に出演してくれた大田さんに
会ってきた。
この人は演劇をするときにお金を取ろうとしないのだ。
大田さん「ええねん、見てくれたって事でええねん」
といってかれこれ3回ほど僕はお金を払っていない。
大田さんの芝居はVシネ演劇で面白いので、是非金を払いたいんですけど、
と電話してもなかなか払わせてくれなかったりもする。ええ人や。
しかしさすがに3回ですからね、なんとか今回は払いたいと約束を取り付け、会うことになった。

 久しぶりに話をする大田さんは
まったく変わっていない。この人も映画が大好きで、
今度「輪廻」に出るらしい。
大田さん「でも編集でバシバシ切られるやもしれんから0号見て出てなかったら教えるわ」
しかし役柄を聞くと、バシバシ切られるような役ではないぞそれ。楽しみなのだ。
大田さんと話が合うのはお互い香港映画が大好き、いや、香港映画も大好き、だから。かな?なんか理由をつければね。
映画好きでも香港映画で何時間も話せる人ってあんまりいませんからね。
かなりマニアックなお話を喫茶店で展開する2人だった。
ジョニー・トーやユン・ワー、サモ・ハンの裏話などで盛り上がれる人はそうそういない。
大田さん「俺は俺のプロジェクトAを作れんかぎりやめられんよ」
そして大田さんは自分のことをドラゴン一族だと思っている。
ブルース・リーも大好きなのだ。沢山裏話を聞かせてもらい。あっという間に3時間が経過した。

 帰り際に握手を交わす。また出演お願いします。

 音楽を張り替えた「アスリート」を
ビデオに起こし、次に「恋鎖」をビデオに起こす。
この作業時間掛かるのよね、尺の長い作品達だからさ。
「アスリート」を見てから「恋鎖」を見ると、
やっぱり「恋鎖」の方が音が悪い、なんでだろう。。。使ったマイクは同じなはずなのになあ。
ノッチ入れてるからかしら。全体的に悪いから多分そんな感じなのだ。しかし画は「恋鎖」の方が圧倒的にいい。圧倒的である。これ同時上映とかするとどうなんだろう。
お互いにアゲアシ取っちゃいそうだ。

 そんなわけで猛暑の中、布団を干す。
すばらしい、ホコホコしているこの布団。しかし掛け布団のため、速攻で押入れ行き。

 あまりの暑さに健康に害を及ぼしてきた。
左足に湿疹が出来ている。パンツがいけないのかしら、と早速吉祥寺に買いに行った。
夏だね~アロハが並ぶ。
通気性のよさそうなパンツを買い、シャツも買った。パンツってズボンのことね。
今年は、青で決めるぜ。とりあえず湿疹を早く治す、治れ!!

 ミュージカルバトンとかいうのをトラックバックでお願いされたので、ちょっと書いてみます。
〇パソコンに入っている音楽ファイルの容量
6GBくらい

〇今聴いている曲
YES「FRAGILE」

〇最後に買ったCD
YES「FRAGILE」Sting「Sacred Love」

〇よく聴く、または特に思い入れのある5曲
Sting「angle fall」「Fortress Around Your Heart」
The Police「tea in the sahara」「around your finger」
David bowie「lady stardust」
すごいね、地味なミーハーって感じだ。

 まあスティングとデビッド・ボウイはなんでも聞くんだけども
僕はUKが好きっぽいのだ。
恋鎖のことを考えればLOS INDIOS TABAJARASを入れるべきなのか、
まあそれは置いといて。

 「アスリート」「恋鎖」「鯨」改め「ナイトラジオ・ジャパンナイト」
の3つの作業を1週間で終えるのはなかなか骨が折れました。
只今朝の光の中カレーを作っております。
セミ鳴いたんだってね!すげー、温暖化ってすげー。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年06月27日 08:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「この時期にアスリート」です。

次の投稿は「雲行きはイギリス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.