« 日曜の夜にやっと落ち着く | メイン | シネコンていいよね »

ラストが困る

西條です。
西條組新作「恋鎖」
音楽の発注を全て終え、あとは音質の高いバージョンの受け渡しを待つのみになった。
ここまで大変だった!
ものすごく大変で、途中お互いやる気がなくなりそうになった。
いや僕はしっかりやる気がなくなったりした。すっかりか。
そんなわけでなんとかここまでたどり着き、
0号試写の日取りを決めるべく、皆さんにメール。
相変らずレスポンスが遅い人早い人変わっていない。僕は早かったり遅かったり、今回の西條組面々は自分をしっかり持っているようだ。
ラストシーン。
ここがねえ。相変らず難題で。どうすれば良いのやらである。
引っ張ればいいのか、押し込めばいいのか、なんともねえ音楽との兼ね合いもあるしね。
もうちょっと頑張ろう。

 西條組新作「恋鎖」
これは恋愛映画です。恋愛が連鎖してゆくお話。誰も彼も、別れてまた付き合って、先に進んだ気でいたのに結局元に戻ってしまったり、叶わなかったり、余計なお世話だったり、およびでなかったり、運命だったり。。。恋に落ちるのは複雑な中での単純な一瞬だ。雷に打たれるような、雷に打たれたこと無いけど。恋をした事のある人ならきっと面白い作品です。
なんつってね。
恋愛を描こうと思って製作し始めた作品は初めてなのだ。
でもそこは西條組なので先は読めないですよ、多分。。。いや、絶対!そういった意味ではこの作品はサスペンス映画です。
主人公が初恋を忘れたことが原因で若返り始め、30歳なのに高校生くらいにまで若返っている。そして群馬にパスポート持って行きます。そういった意味ではファンタジー映画です。
とうもろこしを盗んだりもするので、そういった意味ではクライム映画です。
そんな感じで非常に面白作品なんです。ここまで詰め込むと1時間30分になるのもわかるでしょ!
わかるー、わかるー、
月夜に遠吠えも聞こえます、そんな意味ではミステリー映画でもあります。ワオーン

 この作品に携わってどのくらいか
かれこれ、そうねえ、かれこれ
シナリオから考えると10ヶ月はたっているか。
待てよ、編集に8月下旬から入って、今は3月だから、8ヶ月くらいか?9月から数えて7ヶ月にしておいて。撮影に入ったのが7月からだから、あ、9月から数える必要は無いんだ、これで9ヶ月。シナリオを1ヶ月で書けたわけじゃないよな、いつから書いてたんだっけなあ、もともとは高野さんと由美ちゃんが一緒に渋谷の109とかで買い物をして祥子さんに告白する話だったんだ確か。佐久間君はちょっとしか出てこなかったし、柏木君が椅子を作るエピソードもあった、いつから書いてたんだっけかなあ。う〜ん。
「鯨」書き終えて、、、4?5?月くらいかな多分。そうなると、1年か!!!!
おお!?1年掛かったかあ、あ〜そうそうストーカー問題があったんだ。
1年なんかあっという間だなあ。

 西條組新作「恋鎖」
音楽をつけてラストを決めればこれで完成。
0号試写は関係者オンリーの試写でみんなの意見を聞いて、再度作品を考察してから人に見せられる形になる。お〜、お疲れさんよ西條、お疲れさん、良く頑張った!君は偉いよホント脱帽脱毛ですよ。ただ作品はこれで完成ではなくこれからはスタートである。もたねえ!

悟空「オラに元気を分けてくれ!」

 元気玉ってグッと来ませんか?
ハリウッドでドラゴンボールが製作されるともっぱらの噂ですが、
やはり元気玉ですよ僕が監督だったら絶対元気玉を出すタイミングですね。
地球上の生き物からほんのちょっとだけ元気を貰い、丸くて光る玉を作って敵にぶつける。
グッと来ますね、グッと。チャリティーみたいなもんです。そりゃあべジータもピッコロもいい人になっちゃいjますよ。あの2人はあんまり関係無いのかな。西條組新作恋鎖」は元気玉になりえませんが、元気玉を作る元気の一つにはなりますから、敵がいる人は「恋鎖」を見て元気をちょっと貰ってください。そして自分で玉を作って投げつけてください。玉作るのは僕ではないです映画の主役は観客ですから。いい恋を、いい人生を、ぐっとこんでぃしょん、アリナミンドリンク。

 花粉症の季節。間違いなく僕は花粉症になっていると思われる。。。眼がかゆい。。。

About

2005年03月09日 12:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「日曜の夜にやっと落ち着く」です。

次の投稿は「シネコンていいよね」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.