« まさかの失敗 | メイン | 松田さんの映画を見た »

メダリオン

西條です。
アロハ!
昨年公開されたジャッキー・チェンの映画「メダリオン」
僕は自分の撮影が大変で見にいけなかった。そんな僕の心を察知してかどうだか
バイト仲間が「メダリオンのDVD」を貸してくれたのだ。
貸してくれたのも買ってくれたのも、いいね!ダブルで素敵。
そんなわけで「メダリオン」見た。
いや〜面白いですよ。
面白かった。監督がゴードン・チャンだからつまらなくはないだろうと思っていましたが、
面白かったですよ。この前見た「カンフーハッスル」も突き抜けていましたけど、
この映画も突き抜けていましたね。特に、ラストなんか、ほんとに、突き抜けちゃうんだから、すごいねえ。
DVDってのは何が言いかというと、僕としては特典映像だ。
気合の入っていないDVDほど特典映像は未公開シーンである。
今回も「ハリーポッター」と比べたら注目度がまるで無かっただけに未公開シーンのオンパレードだ。
僕はこっちの方が好き。
メイキングやインタビューやCGの解説とかもいいけどね、未公開シーンはタメにもなるのだ。
なぜ、カットされたのか。
今回の特典映像は全然カットされるべきではないだろう、と思えるものばかりで「くたばれハリウッド」と若干思ってしまった。特にホームズで口紅を塗るところとか、ジュリアン・サンズがジャッキーがブッ飛ばした敵を受け止めて登場するところとか、なんでこんなイカしたシーンがカットなんだよー!とケタタマシク吠えたくなる、ワンワン!
まあしょうがない。90分以内で収めなきゃいけなかったんだろう。

 西條組新作「恋鎖」も出来れば、せめて
90分以内で収めたい。もうバシバシ切ってますよ。かっとを短く、ではなく、カットを無くす。
てな感じでね。音楽も新しいものが届いた。もう一回作ってくださいとお願いしてもオッケオッケで更にいいものを作ってくれちゃんだからやっぱりいいモノ作りは大人な人とでないと出来ないなあ、と実感。
新しく来たオープニング用の曲は僕のツボであった。
聴いた瞬間「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」や「チャイニーズゴーストストーリー」のオープニングが思い浮かび、すげー人と知り合っちまったなあといまさらながら融解座に感謝する。しかし今回の狙いはウォン・カーワイのパクリだ、あ、いけねえ、手が滑った、ウォン・カーワイの作品にインスパイアされたものだ。しっとりしたいね。
そんなわけで西條組新作「恋鎖」
いい作品になりますよきっと!う〜ん、後はホントに僕次第だなあ。。。がんばりやす。
「アスリート」も見てね、そして宣伝してね!面白いから、いやこれホント。面白いから!
http://www.ch999.co.jp/newprogram/IndiesGuide.html
知球チャンネル
http://www.ch999.co.jp/
の深夜0;00〜放送。
投票してくれると「アスリート」が次回のインフェスで入選作になるらしい!これは投票するしかない!
いい役者といい音楽がそこにありますから。 あ、あといい演出も。たまには演出力もほめて!ワンワン!

About

2005年01月30日 11:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「まさかの失敗」です。

次の投稿は「松田さんの映画を見た」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.