« ミドリなシーン | メイン | ショーを見た »

ついに繋がる

西條です。
ここ最近上映シーズンなのか、
みなさん上映準備をしているみたいです。
僕も唐突にやってみようかなあ、と思うだけはいつも思う。
やっぱどこか自信が無いんだろうな作品にも集客にも。
そんなこねえよお客さんなんか、と思ってしまう。
まあ思うなら、思うなりに小さいところでやればいいじゃん、ということか。
まあそんなわけで3月あたりに小さく上映を企画しようと思います。
去年は1月にやろうかなとか言ってたけど、新作の編集もあったんでかこつけてしませんでした。
西條組新作「恋鎖」はなんせ長いんでねえ、いつ終わるのかわからない、先の見えない時って
大丈夫大丈夫とか言ってもどこか、そんなに抱えらんないなあ、と醒めてたりしませんか。
要するに編集を先にやってから考えます、というか、
時間があるようで、うまく切り替えて使えないからやっぱり時間が無くて、
しかし映画って切り替えて出来るほどサバサバしたもんでもないし、でもそれが出来ないとうまい職人芸はつかめないのか、う〜ん、なんかよくよく考えると僕は冬になると気分が落ち着くのか妙に冷静に自分の言動を振り返ったりする。勢いは無くなっちゃうんだな、寒いしね。
あ、寒いといえばさ、いい加減やめてもらいたいんだけど寒いところ出身の人は寒さに強いとか言うの、
やめて。
あとスキーが得意だろう、とか言うの。僕は冬の遊びじゃカルタが一番得意っすよ。出身関係無いでしょ。
まあそんなこんなでギスギスハートの子守唄を歌いつつ、西條組新作「恋鎖」の編集はいよいよ
いよお!
前半と後半に分かれていたシーケンスが一つにまとまった、
つまり全体のエフェクト作業が終了し、前半と後半の書き出しも終了したのである。
あとはテロップ作りと音楽を待ってはめ込み編集をすれば、完成だーー!
あーー、予定通り、2月には完成をすると思われますね。おめでとう、いやありがとう、明けましておめでとう、今年もよろしくね。

 西條組新作「恋鎖」
繋げた尺は1時間45分。
西條組作品としては「ピースサイド」に匹敵する尺だ。
しかし画は8ミリフィルムと違って綺麗ですよ、VX2000てホントすごいよね。
ただ僕はやっぱりインターレースの画面にはコなれないというか、プログレッシブを見るとどうしてもね、
誘惑に駆られますんで今回も前作「アスリート」の54分版みたいにインターレースは除去します。
やっぱアクションのところなんかもう全然違うもんね。
とりあえずね、

 4:3で撮ってたのを16:9にする作業が大変だったよ。
4:3のつもりで撮ってたからさ、16:9にすることになったのは編集に入ってから。
入ってから変更となるともうきついよ、16:9用にカットを上に下に移動させなきゃならない、そうしないとスカンと半端な構図になっちゃうもんで、ああ〜それはそれはホントに1カットごとモーション掛けてゆく作業はつらかったですよ〜ああ〜ホント文章じゃ全然伝わらないよなあこの苦労。こんな時、映像があれば!
西條組リニューアルHPは映像をメインに持ってきますからね、BBにしといて下さいBBに。
21世紀を爆進しちゃうぞ。

About

2005年01月20日 04:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ミドリなシーン」です。

次の投稿は「ショーを見た」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.