« バックドラフト | メイン | ホームページリニューアル状況 »

冬の風邪

西條です。
風邪ッピキだ。
季節の変わり目によく風邪を引く僕はまたしても風邪を引いてしまった。
鼻水が止まらない。
うどんのだしがうまく取れない。
そんな中、コーヒーとお茶とデカビタCと牛乳を取りつつ編集に励んでおります。

 西條組新作「恋鎖」
は1時間30分だか40分だかの長編。
喧嘩のシーンの音編集をしました。
なかなかここのシーンは切ることが出来ず四苦八苦。
でも全体の中で、ドキドキするシーンのはずがタルくなってしまわないように
なんとか工夫をしたいものだ。
で西條の必殺IT革命を炸裂させた。
必殺IT革命、とはあたかもすごい思考ですごい映像を作ったかのように見えて実は
ごまかしの境地だったりする革命的ITテクニックである。よくわからんか。
まあかっこよくごまかす方法って感じですね。技術、実力不足を補うための、フォローなので。
パソコンがなければできないテクニックなのだ。僕はよく助けられている。。。

 あんまりこの技術は使いたくなかったのだが
今回は、最初から必殺IT革命を使うことを考えて画を撮ったりしているところもあるので、
非常に手を抜いているところは抜いている撮影現場だった。そうでもしないと考える事が多すぎて
つぶれてしまいそうだったのだ。正直必殺IT革命なんか使わないで編集できた方がいいに決まっている。
フィルムの編集を従来とおりにやるなら必殺IT革命は使えないしね。今は従来とおりにやっているところなんか日芸しかないんだろうけど。
そんな感じで喧嘩シーンのタルイところはなんとかなった、まだ改良の余地はありますが、
体力がそんなにもたないので一旦この辺で。

 しかしこの喧嘩シーンの撮影、
よくやったよな、とツクヅク編集しつつ思った。
僕も良くやった。がやっぱり役者の2人。祥子さんと拓真君がホントよくやったよ。
また録音の島村君も良くやってくれた。ホントこのシーンは良くやったなあ。。。祥子さんなんかかなりの割合で吹っ飛んでるし、拓真君も後半はビンタされまくりである。いいシーンにしていかなきゃね。

 高野さんのシーンを抜けて、
久しぶりに柏木君の顔を見た。ここからまた柏木エピソードの始まりになる。
頑張るぞ〜咳をしつつも頑張るぞ〜応援よろしく〜

About

2004年12月18日 02:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「バックドラフト」です。

次の投稿は「ホームページリニューアル状況」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.