« 2004年11月 | メイン | 2005年01月 »

2004年12月に書かれた日誌

2004年12月02日

粗大ゴミを捨てたぜ

西條です。
ぐっと寒くなり、紅葉も進みましたね。
公園の木々だけでなく、なんともマッ茶な東京だ。
予告編を作っていたので西條組新作「恋鎖」の編集は一時、中断。
なんとか上がって渡してきました。
小劇団の芝居の前に、何かしらCMで流せたらと思ったらしく、
僕のところに依頼が来たわけです。
話を聞くと自主や劇団のCMじゃなく、企業のCM、いわゆるスポンサーのものが多い、というかそればかり。な感じだったので、そんなところに出せやしないぜ、と先週まで気の乗らない僕だったのですが、
友人の熱意に折れ、間に合うかどうかわからないけど作ってみますわと始めたわけだ。
が、それよりも何をCMすればよいのやらで困る。
公開日も何も決まってないし。。。結局西條組HPのCMということで、
まあものは試し。

 間に合ったというより間に合わせた感のあるCMになってしまったが
友人は結構かっこいいではないか、と言ってくれた、どうもありがとう。
製作中も編集ソフトが落ちる落ちるで半分パソコンとの勝負になっていたよ。
間に合うとは思わなかったねホントマジで。
本番は12月2日から5日まで、Bトップスという劇団の芝居で流れます。よろしかったら是非、見に行ってね。ここの芝居はバラエティー番組を芝居にしたような感じで一体になって楽しめます。カックラキンやドリフが好きな人必見だ。

 と同時に5日に融解座でせっかくだから流させてもらおう。
このCM多分作り直すと思うから、見られる機会はかなり無いぜ、なんせ少しネタバレしている。。。まあ少しね。

 そんなわけで中断していた編集に今一度、着手。
あいかわらすパソコンとの戦いだが、早くこの段階を抜けてインストールしなおさなければ、
それを目標に色や音をあわせています。佐久間君のシークエンスが終わった。
いろんなカットが長くなったり短くなったりで、大変だったがこのシークエンスは大人っぽくもあり、子供っぽくもありで一番身近に感じられるものなんじゃないかな、共感できるというか、同情できるというか。
だんだん早く公開したくなりますね。早く出来上がれ!まだ撮ってない音を撮らなきゃ!

2004年12月04日

とんび

西條です。
佐久間のシークエンスを抜け、これから高野さんのシークエンスに突入するわけですが
その前に柏木君のシーンがちょっとあり、祥子さんのシーンがちょっとありで、
なかなか高野さんまで到達するのが難しい。都会から田舎につながる段階をどうするか、
で僕と僕とでもめています。

 とりあえず、田舎のシーンになる前に、
トンビが飛んでるカットでも入れようかな、と
まあトンビでも飛んでいれば、田舎かな、ここは、と思ってくれるかな、とね。
後でトンビの鳴き声を足すとしてですな。
こんな感じでここはいいだろう。

 このところ編集にも飽きてきた。
あ唐突にごめんね。
飽きるよ毎日やってるんだから。そりゃトンビも飛ばしたくなりますよ。
何か違うことがした〜い。
明日の融解座で「アスリート」を突然上映するのが何かしらのいい刺激にならんもんか
と期待しています。と、その前に寝坊マニアの僕ですから
起きられるかが心配だ。ついに師走ですからね、お仕事もまんざら暇ではない。
この前淑子さんに教えてもらったお茶を入れてリフレッシュしつつバイトしよう。

 バイト先に新しく40歳の人が入ってきた。
日本の未来ってわからんですな、就職だけが人生じゃないねホント。
王道に就職があるべきなんすけどね。ま編集してから考えよう。

2004年12月07日

日誌が消えた。

西條です。
日誌を書いていたら変なところを押してしまい。
消えてしまいました。
久しぶりにやったな、ましょうが無い。

 日曜日に融解座に行ってきたんですが
いい感じだった。
「アスリート」の上映もしたのだが、いい感じだった!
そんな感じの事を書いていたんですけどね〜
まあ寒くて手もかじかんでいるのでしょうがないなあ。
日誌が消えると気分がキレる。
腹も減っているし。まあ融解座での上映に関してはまた気分が乗り次第書こうと思います。

 久しぶりにカレーを作ったんですけどね。
ボンカレーに近い味になった。。。なぜだ。。。うまいんだけど空しい。
そんな秋だぜ。

2004年12月09日

ヨッシーの芝居を見てきた

西條です。
マイペースに生活してます。
昨日西條組新作「恋鎖」に出演しているヨッシーの演劇を見に行きました。
多摩美術大学映像ホール。
回りに何にも無い大学。
中庭に落ち葉が敷き詰められてシンプルで綺麗な感じ。
開演時間21時30分と遅いため、お食事処も閉店し、ほとんどのお客さんがコンビニで夕食を買っていた模様。僕もそこで買いました。

 コッペリアという
バレーの演目なのか、どうやら原作のある芝居。
しかし結末は毎回変わるらしく、毎回行っても楽しめる、そんな演劇。
ヨッシーは踊ったり叫んだりでかなりハッチャケていた。
役のために眉毛を剃ったり髪をサイヤ人風にしたりでかなり気合が入っている。
僕のヨッシー像は温和で実直な控えめの、それでも冗談がわかる付き合い易い人ってイメージだったが今回の役はそんなイメージに俗っぽさを足したような役。
役者には毎回驚かされますが今回も新しいヨッシーを見て、驚いた。
新しいというか違ったヨッシーか。ヨッシーの違った面か。ステージってものに立つヨッシーを始めてみたが、カメラの前とはまた違った迫力で面白かった。
話の内容はよくわからなかったが、ヨッシーとアレグリアなダンスがすごく、
上演後のいつになくハイテンションなヨッシーがまた面白かった。
しかしとにかく役者って者はすごいですよね、つくづくすごいと思う。
僕には出来ない。眉毛も剃れないし。

 そんなこんなで帰りに田井ちゃんとそのお友達と一緒になり、
ストーリーの解説を受ける。家に帰り編集。
西條組新作「恋鎖」はただいま高野さんのシーンに突入しており、
高野さんと拓真君の激しいヤリトリシーンがなかなか終わらない。セクセクと取り込んだり切ったり張ったりで依然頑張っております。
後半はさすがにテンポも考えなきゃいかんですよね。後半なんで、
かといって雰囲気を壊すようでは駄目ですから、いやあ、しばらく正念場だ。電気ポットでカテキンを大量摂取だ。このところ寒くなってきたので電気ストーブの設定温度を上げた。でも僕はマイペースだ。やっぱり飲まないわけにはいかんねカフェイン。

2004年12月11日

また日誌が消えた。

西條です。
このところ誤って日誌を消すことが多い。
ただいまも消してしまった。
だらだらと後悔も無く長文を書いているので、消えると
復旧する気がさらさらでないのだ。
そんなわけでまたも箇条書き。

 ライブに行った。
その際、遅刻しそうになり、焦った。
スパゲッティを作ったのが原因だった。
行ったライブは西條組前作「アスリート」で曲を使用させていただいた
ザ・シロップ!
もう最高、松石さんかっこいい、生で聴けてホントに良かった!
もう最高である。

 というこころまでを勢いのまま50行ぐらい書いていたのだが変なトコ押したらしく消えた。
僕の気持ちは晴れているので復旧はしないぜ。
そんな感じでナイスな金曜でした。
ライブ後に研太郎さんや海野さんと飲んだ。
焼酎のボトルは空いてしまったが高円寺の夜はなかなか明けなかったぜ。

2004年12月14日

バックドラフト

西條です。
昨日火事がありました。
家の近くで。
時は深夜1時過ぎ。
僕は編集を終え、シュルシュルと眠りにつくべく布団に入り、布団を掛ける。
電気を消して、しばらくカッティングのことを考えていると、遠くからサイレン。
乾燥した季節に火事はつき物ですね、とウツラウツラ。
サイレンは家の近くで止まった。音は1台。
小火かな?乾燥した季節には小火がつき物ですね。柿も燃えたら余計に赤くなるかしら。
サイレンの音がもう1台、もう1台、もう1台、もう1台、もう1台、もう1台、もう1台、もう1台、
何台来るんだすか!?
そのすべてが家の近くで止まる。
小火じゃないぞこれは。。。

 が、僕はそこで躊躇した。
ここで飛び出したら、野次馬だ。。。飛び出したいんだけど。
それに、眠い。
小火じゃなくてもそれほどの火事ではないだろう。
しかし窓の外でおばさん達の声が聞こえる。言ってる事は良くわからないが、なんか不安げな声。
う〜ん、おばさん達の間に入るのも嫌だしなあ、
そのうち無線みたいな音が聞こえる。
どうやら僕の住むアパートの前に司令部の消防車があるようで、なにやら深夜にもかかわらず、
拡声器で何かしらの支持をしている。
がしかし、はやり僕は眠い。僕の家自体が燃えているわけでは無いし。
そんなわけでおやすみなさい。

 次の日。
朝食にはテレビがついて、いてほしい。
すいっちおん。。。砂嵐だ。
なんすか、砂嵐っすか、先進国なのに。
また昨年の電波障害事件再発なんではなかろうか、
僕の家は大きな建物が電波を妨害しており、昨年電波障害を起こした。おかげで原因のわからなかった僕は新しいテレビケーブルを家電のコジマで購入して無駄な出費をしてしまったのだ。
まったくもってけしからん、大家に言おう。
洗濯ついでに大家のドアを叩く。
西條「あの、すいません、また電波傷害起こしているようなんすけど」
大家「違うのよ、昨日の火事のせいなのよ」
大家曰く、
昨日の火事が元で、ここ一帯、テレビ電波がうまく供給されなくなっているらしい。
そんなことってあるのかねえ。
大家「なんせ昨日の火事はすごかったからね、全焼よ、角の〇屋さん」
西條「角の〇屋さん?。。。!」
大家曰く

 昨日の深夜、
西條の住むアパートから1、2件隔てたところにある〇屋さんから出火し、
〇屋さん全焼。住んでいるご主人は窓から飛び降りて足を骨折、奥さんは真っ黒になりつつも飛び出し、買っている犬は1酸化炭素中毒でフラフラ逃げ出した。
消防車は総力を結集した軍団状態で到着。レスキュー隊到着。
西條の住むアパートの前が司令部と成る。
消火作業は難航し、道路が30メートル先まで真っ赤に染まり、パチパチと燃える音が僕の部屋を超えて近くの高校のグランドまでも届いていた。ガス漏れ発生の兆候があり、一時周囲に緊張が走る。消火作業は深夜3時頃まで続き、炎は隣家を少しかすめた。〇屋さん全焼。放水車の容赦無い水攻めに全てが沈んだ。
との事らしい。マジっすか!?

 見に行こうとしたら、通行止め。
見に行けない。冬の空はいい天気で青い。
そんなわけでテレビ電波の復旧はもうちょっと掛かるようだ。

 通行止めされた火事の現場以外は
普段と変わらない穏やかな午後。洗濯物を干しつつ一息入れて改めて少しショックを受ける。
〇屋さん。〇は内緒。
自営業の〇屋さんは通りかかると真面目に仕事をしている。
家は大きくないが、昔ながらな雰囲気がこの街の文化を象徴している。
僕はその雰囲気を少し拝借しようと何年か前、8ミリカメラを回した。
朝、人もまばらな道路から、〇屋さんの看板を撮影。
それはそのまま「そして、一人きり」のエキストラカットになっている。。。
〇屋さん、ローン残ってたかな。

 タバコを吸いつつ編集開始。躊躇するのがシャクだ。

2004年12月18日

冬の風邪

西條です。
風邪ッピキだ。
季節の変わり目によく風邪を引く僕はまたしても風邪を引いてしまった。
鼻水が止まらない。
うどんのだしがうまく取れない。
そんな中、コーヒーとお茶とデカビタCと牛乳を取りつつ編集に励んでおります。

 西條組新作「恋鎖」
は1時間30分だか40分だかの長編。
喧嘩のシーンの音編集をしました。
なかなかここのシーンは切ることが出来ず四苦八苦。
でも全体の中で、ドキドキするシーンのはずがタルくなってしまわないように
なんとか工夫をしたいものだ。
で西條の必殺IT革命を炸裂させた。
必殺IT革命、とはあたかもすごい思考ですごい映像を作ったかのように見えて実は
ごまかしの境地だったりする革命的ITテクニックである。よくわからんか。
まあかっこよくごまかす方法って感じですね。技術、実力不足を補うための、フォローなので。
パソコンがなければできないテクニックなのだ。僕はよく助けられている。。。

 あんまりこの技術は使いたくなかったのだが
今回は、最初から必殺IT革命を使うことを考えて画を撮ったりしているところもあるので、
非常に手を抜いているところは抜いている撮影現場だった。そうでもしないと考える事が多すぎて
つぶれてしまいそうだったのだ。正直必殺IT革命なんか使わないで編集できた方がいいに決まっている。
フィルムの編集を従来とおりにやるなら必殺IT革命は使えないしね。今は従来とおりにやっているところなんか日芸しかないんだろうけど。
そんな感じで喧嘩シーンのタルイところはなんとかなった、まだ改良の余地はありますが、
体力がそんなにもたないので一旦この辺で。

 しかしこの喧嘩シーンの撮影、
よくやったよな、とツクヅク編集しつつ思った。
僕も良くやった。がやっぱり役者の2人。祥子さんと拓真君がホントよくやったよ。
また録音の島村君も良くやってくれた。ホントこのシーンは良くやったなあ。。。祥子さんなんかかなりの割合で吹っ飛んでるし、拓真君も後半はビンタされまくりである。いいシーンにしていかなきゃね。

 高野さんのシーンを抜けて、
久しぶりに柏木君の顔を見た。ここからまた柏木エピソードの始まりになる。
頑張るぞ〜咳をしつつも頑張るぞ〜応援よろしく〜

2004年12月20日

ホームページリニューアル状況

お久しぶりです。ホームページ作ってますほしのです。
西條組のホームページが規模を縮小して仮運営状態になってから早半年が経ちますかねえ。
リニューアルするホームページ試作品(関係者のみパスワードを入れて閲覧可能)の方もだいぶ煮詰まってきて、大まかな構造は固まり、後はどう見やすくしていくか、鍋でいうところの冷やご飯を投入しようかというあたりまで来ているわけです。…なはずです。
西條さん、今更また、やっぱり0から作り直しましょうってのはやめてくださいよ。そろそろ先が見えてこないとやる気がしぼんでしまいそうであります。
現在、西條さんから中旬頃に送られてきたリンク用の画像をはめ込んで、ホームページ全体の大きさを検討しているところです。本来大きさを考えるなんてのはデザインを決める前にやるべきなんですが、度重なる方針変更で最後に大きさを考えるという事になっております。なのであらゆるところがつじつまが合わなくなってきて、頭が混乱しそうです。
 しかしながら、より良いものへ向かって作業しているのは確かなんでリニューアル、もうしばらくお待ちくだされ。新作の公開までには間に合わせたい!!

それから重大発表。リニューアルに合わせてURL変わりますよ!! 新URLは
http://www.nishijo-gumi.com/
ついにやったか、ドメイン取っちまいました。

2004年12月22日

19日は飲み会だった

西條です。
風邪は全然治りませんよ。
そんな中飲み会がありました。いわゆる忘年会というやつであります。
今回の西條組新作「恋鎖」のメンバーが主体になって飲み会を開いてくれました。
つまり僕は何にも計画をしていない。日程も場所も連絡も柏木君と由美ちゃんがやってくれました。
少しは僕もしましたが、今回は2人の行動力に感謝であります。
いいですね、分業って。頼れるって。まかせられるって。まかせろって。今一番ホットな2人だ僕にとっては。
タイミング悪く風邪を引いてしまい、飲み会中結構心配をみなさんおかけしましたが
僕は元気です。タバコも美味しいです。
そんな感じで西條組2004忘年会は朝の5時まで続いた。

 1次会はモツ鍋屋で2次会は和民。
久しぶりに会う人々、久しぶりでもない人々、初めて会う人、キャラの立っている店員さん、等等で盛り上がり、来年もよろしくと誓う。
2次会ではヨッシーが300円分の生クリームを注文し、山盛りになった生クリームをほおばって
ヨッシー「すごおうい!すごうい!」と熱狂していた。
一番盛り上がっていた桜井さんは途中トイレから帰ってこなくなり、
帰ってきて始発の乗客のように座席を占拠した。
島村君とヨッシー、森本君が火花を散らす映画談義は限りなく続く。
みんな若い。。。

 そんな感じで家に帰り目覚めてすぐにバイトの時間。
師走はどこも忙しいね。
西條組新作「恋鎖」の編集は先ほど小林さんのシーンのエフェクトが掛け終わった。
ここはロングショットとアップで全然光の当たり具合が違う。
どっちかに偏らせるべきなんだが、光が当たっている方にしか偏らせられませんよね。
非常に、非常に小林さんのキャラが光る、光るシーンになった。
そして祥子さんが酔っ払って吐くシーンの音をもう一度編集しなおした。
よくよく聴くとなんだかへんなカメラノイズが入っていた。書き出しのときに不注意で消し忘れたらしい。
そんなに時間は掛からなかったがちょっと黄昏た。まあいいや。

 今年もそろそろ終わりますが皆さんに
とってはどんな年でしたが?
僕にはいろいろありすぎて、何が一番思い出に残ったかを決めるのが困難ですね。
映画を作った。なんていえば簡単ですけど、そんなこと言っても意味無いので、
他に、他に。やっぱライブやコンサートに行ったことかなあ。ボウイを見に行ったことはホント印象深い。
いとこに子供も生まれた。つい先日だけど。
挫折もしたし、恐怖も味わったし、楽しかったし、踏ん切りがついたし、挑戦的な映画も作った。
いやあ、これで給料が上がれば最高だが下がった。不況め!!
そんなこんなでもうすぐ年が変わる。
変わったところで僕は何が変わるのかわかりませんが、
何かしら変えていこうと思います、せっかくなんだし。僕は変化が好きなんでね。思うのは簡単だしね。

2004年12月25日

メリークリスマス

西條です。
クリスマスです。今年は真っ赤なお鼻のトナカイさんみたいに
僕は風邪で鼻の下が真っ赤であります。プレゼントに保湿ティッシュ買いました。
158円もするんですね1箱で。健康を買うのは高い。
つまるところスパークリングワインのシュワシュワしかわからないままにイブは過ぎてゆく。

 その前日、
僕は初めて財布を落とした。ビビッた。
昨年ガンで亡くなった先輩の家に届け物があり、
同輩保戸塚と共に思い出を携えてついでにイチゴも携えて向かったのだ。
イチゴはスーパーで購入。そのスーパーで落としちゃったのだ。
駐車場で車から出るときにポケットから落ちてしまったようで、家に忘れたんだろうと
探しても無いのでスーパーに電話したらあった。
普通財布を落としたらなかなかみつからないらしい。
よく見つかったもんだ。警備員の方が拾ってくれたようで、さすが警備員である、中身もスられていなかった。スーパーと家を行ったりきたりで保戸塚には迷惑を掛けたが、まあ今年最後の人助けということで、良しとしよう、良しとしてくれ。

 財布を落として気づきましたが
僕はなんでも財布に入れているのでこれが無くなるとなんにも出来なくなってしまう。
何でも入っているのだ、保険証もカードになったから受け取るための本人確認用に家の中を探しても無いのだ。クレジットもキャッシュも飲み会で貰った名刺も武藤のブロマイドもキン肉マンのラミカードも入っている。諭吉さんもたまにお邪魔している。なによりクリスマスに何にも出来なくなってしまうのが、やばい。見つかって良かったが一箇所になんでも入れておくのは便利だけどやめとこうと思った。
今年最後に少し頭が良くなったのさ。

 と思うことにした。
財布を無くすなんて初めてだ。
お年を召されたのかしらね、僕は。
風邪の治りも全然遅い、というか、まったく治る気配が無い。
そろそろ病院にでも行こうかしら。病院に行くと一気にふける気がしちゃんだけどそんな気しませんか?
まあ老け話はこれくらいにして。
いとこに子供が生まれた。女の子らしい。
命とかいう話ではなく、単純にうれしいものだ。何年後かにはお年玉をあげてだね。キティちゃんグッズでも買ってほしいね。大きく育て。

 今年のクリスマス、どんなプレゼントをしますか、またされましたか?
僕は拒否していた電子レンジをついに買うことになり、段々と肉まん生活をイメージできるようになりました。チーンて言わないものがいいんだけどね、あれ着メロとか出来ないのかな。

2004年12月28日

アブだかハチだか出た

西條です。
寒いね。寒いよ。なんとかしてほしいもんだ。
家の中にアブだかハチだかが出ましてね。
唐突に羽音がするもんだから振り返ってみたら電灯の上にいた。
姿をくらまし、依然退治出来ないまま、寝ております。
トリモチが、、、ほしい!

 津波がありましたが、ものすごいようで、
2万3000人の死者。天変地異、前代未聞だ。
ワイドショーでは親が流された子供が路頭に迷う姿が映っていました。
なんとも言いようが無い。アブだかハチだかでナーバスになっていてどうするんだ。
詳しいことはわかりませんが、ジェット・リーが津波で消息不明だそうです。
ジェット・リーに限りませんけど、消息不明、行方不明者の生存を祈ろう。
風邪を引いても食欲が収まらない僕ですが、さすがにこのニュースには箸が止まったわけです。

 ジェット・リーに限って言えば、
昨年香港映画界の星が2つ、逝ってしまいましてね。
今年もそんなバカな、で締めくくりたくないっす。

 このところ編集に飽きてきて、
さっぱりしていないのですが、音楽をつけるために
編集し終えたものを見たところ、まああまりにも臆病な編集をしていやがるなあ、と気づく。
長いから必殺IT革命で切ったところや、西條テクニックで切ったところが納得いかない。
いや、おもしろいんですけどね、面白い作品にはなっているんですけど、面白い作品になっているだけでしてね。。。雰囲気を壊さないように切っていたつもりがかなりアンバランスな感じで仕上がっている、気がする。
いかんいかん!シナリオで、ある程度の面白さは確保している、んだからもっと思い切ってやればいいの!
そんなわけでまた最初に戻り、ちょぼちょぼとカットを長くしたり短くしたり。
バランスって、難しい。。。

 今日はこのあと音楽の打ち合わせをします。
いよいよ音楽のお話が現実感を帯びてまいりました。
使用させていただくバンドの曲は使用許諾を取ったので、問題ない。
なんせこの映画、長い。
使用する曲もたくさんだ、たくさん作ってもらいたい!
でもいい音楽であって欲しい。よろしくお願い致します!

 のどのことを考えて、
タバコをメンソールにした。あんまし、関係無さそうだ。ああ、音楽の打ち合わせ、ドキドキする〜
うまく伝えられるかなあ

2004年12月31日

今年もお疲れさん

西條です。
なんだかんだと今年もいろいろあったが
面白かった!という結論に達した。
いい1年だったとかではなく、面白かったよ。
来年も面白い年になりますように。。。

帰省!
すきやき食うぞー!

About 2004年12月

2004年12月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2004年11月です。

次のアーカイブは2005年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.