« 「ブリュレ」&「2046」 | メイン | 小林さんは怪しい »

雨には訳がある

西條です。
お元気?僕は元気です。
東京国際映画祭が閉幕し、チャウ・シンチーの新作も公開されたようで、
韓国映画ブームですが負けてはいないようですな。
なんて一歩引いてチャウ・シンチーの新作が来るなんてさっぱり知らなかった僕は
編集もそっちのけでDVDを焼いたり、両隣に老人が越してきたり、家賃の交渉をしてみたり
バイト先で話が盛り上がった「ジェイコブス・ラダー」を見たり、ためしに「火山高」を借りてきたり
、街に出てみたりといろいろやっていた。
新潟のとある短大で上映の機会があり、
そのためにDVDを焼いた。そんなにお客さんは来なかった模様だが、
それでも上映されるとうれしいもんで。このためにちょっと「トレンディ・フォーチュン・イン・ジャパン」も
ホンの少し手直しをした。あの頃と比べると余計雑になっている感じのするここ最近の西條組作品であるが、まあいいとして。
 あそうだ、友達にライブに誘われたので行ってきた。
「ホットハニーバニーストンパーズ」というバンドで友達曰く老人受けがかなりいいらしい。
チンドン屋な雰囲気とラッパのリズム。僕は結構良かった。老若男女幅広く受け入れられそうな。ナイスなMCと表情豊かなヴォーカルの面々が飛んだり跳ねたりして面白かった。
 その後沖縄料理屋に行き、ゴーヤやジーマミ豆腐を食べた。
食べている最中お客さんの一人が沖縄出身らしく蛇味線を引き始め歌い始め、
なんだが狭い店内は不思議な空間になっていった。天井近くに「全ての武器を楽器に」とかかれたプレートだかシールだか張ってある。なんとも不思議な空間になっていった。久しぶりに飲んだハイネケンがすきっ腹に効いたみたいな。
 帰りの電車は終電でここを逃すと
歩いて雨の中帰らなければならない。トイレに行きたかったが堪えて飛び乗った。
席に座ると隣のおばさんが熟睡し始めものすごいもたれかかりようだ。全体重をこっちにのせてくるもんだからさすがに起こそうかなと力を入れたら、おばさんは目のめりになり、転げ落ちそうな気配。
これはいけない。ほっとこう。
程なく三鷹台あたりでおはさんは急に目覚め、降りていった。
吉祥寺の駅を降りると雨が結構降っている。
深夜は街中ストリートになって帽子を横に被った人や髪の毛と化粧が大爆発している人でにぎわう。
雨が降ろうが槍が降ろうがそのにぎわいには関係無いようだ。
ずぶぬれになって帰り、水滴を拭いてすぐに寝た。なんか昨日の雨はあったかかったよね。
眠りは浅いらしく自分の髪の毛が真っ白になってる夢を見た。現実はその前に無くなっている、気配だ髪の毛は。
 そんな感じで雨の週末。起きて月曜日。日誌なんぞ書いているわけであります。

 西條組新作「恋鎖」は病院のシーンの音付けを終えた。
ここはDATなどを前日の撮影で星野君の家に忘れ、マイクを直に刺して撮影している。
芝居とカメラがうまくいかず何回か撮ったのだが、そのおかげで音の素材は結構豊富。
グリップノイズもうまく切れた。効果アフレコはしなくてもよさそうだ。
ここの撮影で初めて、この映画の主軸となる登場人物が全て参加した。
柏木君、祥子さん、佐久間君、由美ちゃん、高野さん、である。
柏木君からエゾウコギドリンクなんか貰ったりした。初参加である由美ちゃんや高野さんは結構緊張しており、ぎこちない状態で始まったこの日の撮影だったが、夜までやって確かその後飲んだと思う。
あっつい夏だったなあホント。その厚さは今、足元の電気ストーブになり編集の手伝いを唯一してくれている。しかし弱にしても熱すぎて椅子の家で体育座りになっちゃうんだよね。

About

2004年11月01日 08:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「ブリュレ」&「2046」」です。

次の投稿は「小林さんは怪しい」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.