« また壊れた | メイン | 色つきサングラス »

地震すごかったね

西條です。
昨日の地震すごかったですね。
道にいたんですけどまず地面が揺れているのに気づき、信号がゆれているのに気づき、
ああ地震だ、しかし長いな
とテレビをつけてみたら震度6新潟発。
朝方に写った画面では新幹線が脱線していました。依然余震は続いている。
いよいよ東京に大地震が来る日が近いとみんな言ってました。
怖いっすね。しかし怖がっていても何をどうして対策していいのやら。
乾パンは買っておいた方がいいかもしれませんね。

 そんなわけで僕自身は怖がっていても編集が進むわけは無いので
頑張ってやってます。
西條組新作「恋鎖」
柏木と祥子が奮闘した後のクールダウンシーンの編集。
撮影中もクールダウンの感じで祥子さん押しを撮っている最中柏木君が寝てしまい、
用意スタート!しても柏木君だけスタートしなかったりした。この日の撮影はこれで終わり。
小道具で使ったステーキを皆で食べ、その日を終える。
編集はそのまま勢いで新木場でうなだれる柏木シーン、
由美に一発ブチかましてやろうと勇む柏木シーンを連続で編集。
喫茶店のシーンに突入し、眠気にやられて現在に至っている。

 由美に一発カマしてやろうと柏木が勇んで
アパートの階段を降りてゆくこのシーンはテイクを結構重ねた。
なかなかうまくいかない。
階段を降りてそのまま由美の建っている場所まで向かうのだが道路に飛び出すため車がメッチヤ危ない。
誰が危ないって僕さ。カメラ覗いて柏木を追いかけるわけで、島村君に安全を確保してもらい、
何度も車NGを出しつつ撮った。
僕の予想外の動きに録音の星野君も飛び上がりつつイカした音を録音してくれている。
この日はこれで撮影終了。陰った日差しがいい雰囲気をかもし出している、
設定は昼のはずなんだが。
新木場のシーンではピンマイクとガンマイクの両方でセリフを撮った。
聞き返すと断然ガンマイクの方がいい音である。恐るべし、AT-815B!

 喫茶店のシーンはどのようにすべきか、至難の技だ。
次の新木場のシーンをカットしようと考えているのでここでどんな雰囲気に持っていくかが、至難の技だ!ここまでの段階でセリフは撮影時にここは後で撮ろうと思っていたもの以外、全部OKである。やはりカメラの音が使えるのが助かっている。少し無理はあるもののそこは西條マジックでなんとか今のところ乗り切っている。ああ、映画ってなんとかなるもんよね〜

About

2004年10月24日 10:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「また壊れた」です。

次の投稿は「色つきサングラス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.