« 台風ですか | メイン | 東京は今日も雨 »

すごい台風だったねえ

西條です。
いやすごかったですね。
僕は夜勤のバイトをしているので昨日、豪雨がもっとも激しい時、外へ飛び出した。
飛び出さなきゃいけなかった理由はただ一つ。バイト。
しかしもっていく靴下は2足。やる気はまったく持ち合わせていない。
そんな完全武装に透明な傘を差し、リュックを背負って雨の中バス停まで。
ものすごい雨で傘が役に立たない。靴は2分も立たないうちに浸水。
バス停近くの米屋は看板が今にもはがれそうでパコーンパコーンという金属音の恐怖が僕を威嚇している。程なく現れたバス。大雨にもかかわらず時間には正確。
大雨だから全然車が走っていないのだ。
そんなわけで乗り込みグシャグシャのまま席に。
窓から見える道は大洪水でライトの光がうねっている。
まっすぐ走っているはずなのに蛇行しているようだ。そのうちジャプンと行きそうだ。
バイト先で靴下を変えたが靴が濡れ濡れなので変える意味は無いことを知り、
バイト先の靴を借りて難を逃れた。近くのスーパーは全品半額でこの上なく贅沢なお食事もさせていだいた。

 そんなわけでこれから新しい台風はもう、来ないっしょ!
きっとね。台風一過のはずなのにあんまり空が晴れないのはなぜだ。
明日はなんと撮影だ。1カットだけ。いよいよ、終わってくれ〜撮影くらいはさあ〜

 西條組新作「恋鎖」の編集は
ただいま音声の編集。
急いでいるにもかかわらずゆっくり進行しています。
なんせね、素材が多いからさ。それにポータブルのDATと肩から掛けるDATでテープを分けているので、今手元にあるのはポータブルの中にあったDATばかりだからかなり撮影日をすっ飛ばして録音されている。こういった編集はとりあえず本編にあわせてではなく素材にあわせて進めていくほうがいいので、
この前ヤクザのシーンの音編集をしましたが、今日はナイフで切られるシーンの編集なんであります。

 ここの撮影は時間との戦いだった〜
バイト先のお友達のお友達で漫画家で今回スキンヘッドの役をやってもらった人。
その人のウチで撮影だった。
スキンヘッドが仕事を終えるのは6時過ぎ。その後古本屋で撮影、その後喫茶店で夜通し撮影、ってな感じのスケジュールを組んでいた。スキン邸から古本屋までは電車で移動なのだが古本屋の閉店後、1時間を利用させてもらうことになっていたので時間に遅れることは出来ない。
かといってこのシーンはホンの昼飯前的なシーンではなくちょっとしたイザコザを描いているシーンなのでなんとも演技的に難航した。
 祥子さんと由美ちゃんがイザコザしてナイフなんか投げたりするというまあ設定は簡単なんだがねえ。
祥子さんがナイフが飛んでくる事を覚えちゃっているので、来る前にしょっちゅうよけるのだ。で、結局それは本番になっても解消されず、編集で何とかごまかそうと。時間が無かったのが悔やまれる。まあいいや。
 撮影の用意をし終え、役者さんに声を掛けようと振り向く。
と由美ちゃんがメデューサみたいな髪型になっていた。怒りでそうなったということ、だろう、いかした役者さんである。自主映画はプロと違って現場に行ったー、仕事したー、帰ったー、ではなんにも得られない。金もらえないしね。自主的に行動しないといけない。用意された場所に行って用意された事を頑張ってすればいいのとは違う。用意されているか曖昧な場所に行き、用意されてもいないものをなんとか用意したかのようにして頑張る、の連続だ。とりあえず僕の映画ではそうだ。あ。なんか僕墓穴を掘ったような。。。
まあとにかく自主映画は自主的に動かないと経験にもならないということですね。
非常にシビアなことをいうと自主映画を作って伸びていくのが如実なのは監督ばかりだ。
役者はなかなかうまくならない。いや、うまくなる人はいるんだけれどあんまりいない。多分何かしら自主性をもっと持たないといけないんじゃないかなあ。西條組ではそんな中でもうまくなったこの人、と思える人に一生懸命声を掛けているつもりです。ウチは役者いいぜ。今回も。由美ちゃんに対して「この人いいな」と思ったのはこの日だった。まあこういう姿勢が好きなんだろうなあ僕は。なんとかこのシーンもいいシーンにしたい。頑張ります。頑張る理由はただ一つ。頑張ってくれたんじゃくて「この人頑張ってるから」
再撮!?え!?しないしない。なんとかせねば。

 音がチャチいので昔の音を引っ張り出した
「トレンディ・フォーチュン・イン・ジャパン」のトイレシーンの音を少し足した。
反響があってくださいよなんて願いを込めてなんつって。

About

2004年10月10日 11:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「台風ですか」です。

次の投稿は「東京は今日も雨」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.