« 焼けないぜ | メイン | また壊れた »

焼けたぜDVD

西條です。
なんとか拡張ソフトをダウンロード購入し、DVDを焼くことに成功した。
やはり圧縮は必須。MPG2に圧縮してからの焼付けでしか手段は無い。
dvと比べると断然画質が落ちるがもうこれはしょうがないのであるようだ。
でも結構焼き付けて自分でDVDをつくるのは面白い。
なんか作品集みたいな感じでお手軽且つかっこいいですね。
ポンポン焼いてドンドン配布だ。

 今回のDVD作成のおかげで
面倒くさがっていた「そして、一人きり」の音楽張替えもすることが出来た。
上映の機会をやっと多く出来ますな。とホクホクしております。
なんて早くやりゃあよかったものを。
まあとにかく、上映の企画を立てようっと。

 そんなこんなでここしばらく西條組新作「恋鎖」
の音編集をしていない。まいったまいった。パソコン一台人間一人。
まあ企業と違いますから。分業なんて出来ませんのよ。
それでもこの間やった最後の作業は字幕入れだったかな。
ファーストクレジットで音楽が入るのだが
なかなかそのタイミングが図れない。
ので適当にクレジットを入れてみて、タイミングをはかったりしていた。
ストーカーの由美が柏木の家の前でモゾモゾストーキングしている様カットに出演者のクレジットが入る。芝居はなかなかどうしてイカしているのだがいかんせん音楽が入ると長い。
初体験だ。音楽が入ると長さを感じる芝居なんて。
普通音楽をつけると流れて短く感じてしまうものだが、そんな芝居ばかりではないのね。
芝居だけで見ていた方が長さを感じない。
音楽と芝居があってないってことなのかな。。。?
う〜ん、奥が深いねえ総合芸術って。

 今週も台風がやってきます。
皆さんお気をつけて。台風来過ぎだなまったく。今来ているのは23号ですが
その次に24号がもう発生しているようで。なんとも。。。秋って虫の声でうるさいはずなのになあ。でも雨音撮るにはもってこいだ。新しく撮ろうかな。
そんなことを考えつつ。
こころは「2046」へ。

 いよいよ来ますね。
ウォン・カーワイ監督最新作「2046」!
予告編を見た当初から、かなりつまらさそうな映画なんですが、
まあいい。
そんなことはどうでもいい、おっと問題発言かしら。でも好きな監督の最新作はつまんなくてもいいもんですよ
長年映画見ているとそんな感じになってきます。ほほう今回はこんな感じできたんだねえ、なんて
かなり寛容な感想をすでに用意しております。
しかしながらマニアックにも香港スターが多数出演しており、日本からもキムタクが参加している。
見てないのにキムタクに非難を浴びせるのはやめましょうぜ。良くやってる予感が僕あするなあ、きっといい演技をしているはずだ!追加撮影も快く引き受けたわけだし。
前作はモチョモチョのメロドラマでユーロスペースでしか公開されなかったウォン・カーワイ作品ですが、今回キムタク効果もあり、結構な映画館で公開。これだけでもちょっとありがたい。じゃない?
しかしト二ー・レオンほど7:3が似合う俳優もいないね。キャツの7:3を久しぶりに見れるだけでも一見の価値あり!なはずだ。とにかく面白いことを願って、見に行きますぜーーー!

About

2004年10月19日 12:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「焼けないぜ」です。

次の投稿は「また壊れた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.