« ラーメンをこぼした | メイン | 無題(西條さんタイトルは書いてください。ほしの) »

残暑も暑い

西條です。
ラーメンをこぼしてから幾日かたちましたが、その時濡れた衣服も残暑のおかげで乾き、
この前なんか西條組新作「恋鎖」の佐久間役の人と一緒にイカしたチノパンを買いにいったりする余裕ぶりで、すっかり焦りも恐怖も無く穏やかな日をすごしております。しかし穏やか過ぎて編集は進まず。いやすすまずってほど日もたってませんが、まだ編集ソフトに慣れていないのが一番の原因ですね。まあがんばっとりますよ、濡れ場。

 濡れ場といえばいわゆるセックスシーンを思い描くと思いますが、
そのとおりです。
でも西條組新作「恋鎖」の濡れ場は一味違う。なんせ監督の僕が映画の濡れ場シーンにはかなり否定的な人間だ。そんな人があえて撮ろうと思うんだからそれはそれなりに意味があり、かつHなシーンにする気は無いのだ。
ということを説明しつつ、キャスティング作業で1人、声をかけた。モデルの子。
一応西條組新作「恋鎖」は大人のスレた恋愛映画だ。下着姿で最後までやってしまったら興ざめである。なんて考えて「脱ぎます。ギャラ無いけどね」と誘った。もちろん断られるのである。で、あろうと思われたがシナリオを読んでからね、と一応はシナリオを読んでくれるみたい。皆さん律儀だ。
そんな感じで読んでもらったがやはり断られた。う〜ん。断られると悔しい。
これはうまく作戦を練らなければならない!と、融解座仲間の一人に電話。
西條「あのさ、これこれこういうわけで思い切りのいい人探しているんだけど、どうやってみつければいいのかな」
仲間「あのね、まずそんなに恐縮しちゃいけないよ。遠慮がちに誘っていざ現場に行ったら、こんなの聞いてません!とか、なりかねないからね。すこし大げさに言うくらいでまずは君の姿勢を作りなさい。そして話し合いでどこまで出来るのか、どうすれば出来るのかをしっかりと決めるという姿勢をアピールしなさい。大丈夫だよ。だって本当に必要なんだろ?ならわかってくれるさ」
西條「ありがとう、とんでもなくタメになった」
仲間「それと脱ぐこと自体ははっきりいうと誰でも出来るんだ、でもね、セックスの演技ってのは出来る人と出来ない人がいるんだよ。だからむしろそっちを心配するんだね」
西條「おお・・・」
さすがである。なんて頼れるナイスガイだ。そう、別に脱ぐことがメインではない。この場ではその演技が必要なのだ。なんせ僕も初体験だからあれこれわからないことばかり。でも見失ってはいけない。
僕は脱げる人を探しているんじゃない。役者を探しているんだ。
そしてこの前見た演劇で、結構いいんじゃないかと思った人に友達ツテでシナリオを送った。
そして断られた。
あはは。まあいいや、シナリオは面白かったと言ってくれたようだし。
次を探すために今まで見た演劇や自主映画のチラシを広げたり、お勧めの人を役者仲間に紹介してもらう手はずを整えたり、たまにやっぱりこの役受けてくれる人なんかいないんじゃないかなと黄昏たり。
と、
そんなこんな過ごしていたら、この前シナリオを読んでもらい、やっぱり出来ないと断った人がまだ悩んでいるらしいと聞いた。一度話がしたいそうだ。この前見た演劇で、結構いいんじゃないと思った人だ。
しかしすでに僕は断られたのでほかの人に気持ちがシフトしている。3速あたりに入っている。そろそろかっとばすぞって感じでいたのだ。なのでこれで話をして「もう一回考えます」とか言われても4速に入れたがっている僕としては少し迷惑だな。なんてペーパードライバーなのに考えた。交渉はだめだったら次と切り替えていかないと出来ない代物だから、かなり強気な西條だったのである。
で、
電話で話をしたのだが、そんなシフトでのお話なんで僕としては断りやすいように結構ドギツイことを言った。ある意味、言いやすかった。「せめてケツくらい出さないといかんですね」「あえがないとどうしようもないんですよ」「やっぱり女が上なんですよね」等々。気分的にはガツガツしてなかったからなんだろうな。スラスラとどぎついことを言ってる自分が結構面白かったがやはり「はあ、もうちょっと考えます」と言われ、「待ってられないので明日か明後日には返事ください」と言って電話を切った。そして4速に入れるために他の役者に会う準備をしてその日を終える。
で、次の日。留守電に「やります」との伝言。

マジで・・・?

ちょっとこれは直に会って話をしないといけない。おそらくなめた考えなんじゃないかなあ・・・
そんな演技やったことないのにやりますなんていわれても信用出来ないですよ、とかなり理不尽な心配を始めた僕。やってほしいっていったのにやりますと言われたらそんな馬鹿な、なんて気分になった。
いやホント、なんでやるなんて言ってくれているのかわからない。
早々に会ってしっかり話をしないといけないや。会う日取りを決めた。

というところまで書いて続きはまた今度ね。洗濯行かないといけないのさ。

About

2004年09月03日 10:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ラーメンをこぼした」です。

次の投稿は「無題(西條さんタイトルは書いてください。ほしの)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.