« みなさんへ | メイン | ウインドウズってよ »

撮影ほとんど終わりました

西條です。
いやあ、みなさんこんにちは。日誌なんぞ書いてみます。
なんせ7月3日からぶっ続けで撮影撮影撮影でもう撮影意外に何もしていなかったような状態。
テレビもろくに見れない日々で世の中何が起こったのかぜんぜんわからなかったワタクシですfが、やっとのこと8月お盆前にほとんど、99.9%撮影が終了した。いやあ、大変だった。しかし自分の撮影でもあるからして体的には大して疲れていない。精神面がかなりやつれたがそれでも撮影はどんどん楽しくなりそれほど疲れていない。一番は金銭面だぜ。なんせ制作費で20万くらい予定していたのだがパソコンがぶっ壊れたおかげで大幅な出費になってしまった。「パソコンが壊れたのはこの映画の制作費に入ってないだろ」というでしょうがね、出費には違いないのさ、どこかからお金が下りてくるわけでも無し。まいったまいった。でも2年ぶりの西條組作品の製作なので、まあ楽しかったからいいや。これからはさらに節制していかなければ。そんなわけで西條のパソコンはMacからWindowsに変わりました。エンジニアの方に映像編集用でカスタマイズしてもらい、デュアルシーピーユーとかになった。luckystar宛てのメールが受け取れず四苦八苦したがなんとか受信できるようになった、う〜ん、若干30歳、知らないことはまだまだアルゼ。
 
 西條組新作について、時間がなくて全然書くことが出来なかったですね。
西條組2004年作品は「恋鎖」なんて題名です。ラブストーリーですね。ラブストーリーを作ろうと思って作ったのは初めてだ。今までテイストとしてラブストーリーを盛り込んでいる作品は多かったが、恋愛を主軸にした作品は西條組始まって以来なのだ記憶が正しければ。しかしチマタに多いピュアラブストーリーなんか全然興味無いのでかなりすれた感じになってます。一応僕はそんな気持ちで演出した。しかしながら役者さんはそれほどスレてる人たちではなく、スレまくった演技をしているわけではないのでそこまでスレスレな作品にはなっていない。見やすい作品になるんじゃないかなあと期待と不安を織り交ぜつつ、これから編集作業に入っていきます。おっとその前にお盆休暇を楽しんできちゃうけどね。撮影中に日誌に何もかけなかったので編集中にそのシーンを思い返してそのとき何がおきたのか、その時何を思ったのか、とツラツランと書いていけたらな〜と思っています。お楽しみに。長い作品長い撮影期間だったから書くことは山のようにあるのよねん。
 お盆明けに1日だけ撮影をして、それで完全に撮影は終わる。終わるもんだねなんでもね。
始まったときはいつ終わるんだろうこれと思ったが、終わるもんだねなんでもね。金も尽きる。簡単に言うと借金生活だ冷え〜。夏にはちょうどいいか。
 そんなわけで帰省したりしてすっかりリフレッシュしてから編集に入ります。どもども。
HPもリニューアルしないとねえ。自主映画仲間のみんなは何をやっているのだろうか、ちょっと回ってみよう。

About

2004年08月12日 16:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「みなさんへ」です。

次の投稿は「ウインドウズってよ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.