« 2004年06月 | メイン | 2004年08月 »

2004年07月に書かれた日誌

2004年07月08日

いよいよ始まりました

撮影が始まりました。 もはや西條組名物の血のりは今回も登場します。 また今日も撮影です。

2004年07月13日

僕も書くか

西條です。
撮影に入り、ものすごくタイトなスケジュールで撮影しているので、
全然自炊が出来ない。コンビニの弁当などにはもう飽き飽きの毎日を過ごしています。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?僕は真っ黒でバイト先の仲間に
「焼け方が、おかしいよね」と言われました。
ヘイヘイ、7月の紫外線をなめてはいけないぜ。
なめてると、こうなるぜ。
そんな毎日。

 撮影は順調なのか、順調ではないのか、とにかく
みなさんシナリオを気に入って来てくれてはいるものの、
現場に入ると、ポ〜〜〜〜ンと頭から飛んでしまう監督の僕ですから、シナリオの
効力が作品にズバリ影響大な作品にはあんまり成りそうも無いです。
せっかく割った絵コンテも、諸事情であんまり見ないようにしている。
いや、今日あたり見てみる気ではある。取りこぼしは結構有りますしね。

 そんなわけで、今日はバイトを休んだので、日誌が少し書ける訳です。
今までの撮影の感想はその後にしておいて。本日の撮影は
部屋を借り切っての撮影。
役名高野さん、祥子さん、と言う2人が意味深な会話を重ねて仲良くなってゆくと言う
なんとも説明に成ってませんね、しかしながらとにかくそんなシーンなのだ。
部屋は高野さんの部屋の設定。高野さんの部屋のシーンは沢山出てくるので、
なんと部屋を一週間まるまる借りた。でもこのペースだと上手くすれば明日で終わるかもしれない。
やはりハコの中に入るとポンポン進む。そして優秀なスタッフがいるとポンポン進む。
そんなポンポンとした撮影の最中、僕は台湾風やきそばをコンビニで買い、歩きながら食べた。
イカした味のやきそばだったが少し下した。
それでも撮影は進む。明日は高野さんの部屋でクライマックスシーンの撮影だ。
う〜ん、果たして成功するかどうか。前回アスリートでの反省をかねてのこのシーンだけにかなり緊張しているのだ僕は。祈っててくれよみんな。怪我の無いように役者さん。お隣さん大目に見てね。
日誌もなんとか上手く更新したいのだが、なんせね。うちのパソコンウイルスに掛かってるんだって!
今話題のトロイ都下ではないようですMacなんで。これ早く直さないとリテイクに何が必要なのかも判断できないのでちょっと頭痛の種だ。タイミングの悪いウイルスだ、まったく。

 そんなわけで西條組は実のところ毎日毎日鉄板の上で焼かれて監督は真っ黒け。
主役の鼻は皮が向けた。夏だぜベイベ。明日は家にも帰れないぜ。

2004年07月24日

西條さんWindowsへ。

西條さんが長らく愛用しておりました PowerMac G4 Cubeなのですが、本日をもちましてお役御免となりました。経緯は以下の通りです。

西條さんのCubeはここ半年、起動に時間がかかるようになり、ウイルスも疑ったものの発見されず、どうしようか悩んでおりました。偶然、今回出演している役者さんのお父さんがその筋の人で、餅は餅屋に聞こうということで来てくれることになっていました。
私は昨夜、ありったけのトラブル解決グッズをもって西條さんの家に行きました。
間もなく役者さん親子も、お揃いのゲータレードをもって西條さんの家にきました。

診てもらったところ、1時間ほど試行錯誤の末「買い替えましょう」という結論に。
 一言で言うとハードディスクが死亡寸前、その他の部品もヤニの影響でもう長くはないでしょう。ということでした。

Windowsの方が安上がり、ってことでそのお父さんにWindowsマシンを仕立ててもらうことになり、そして、一人きり以降の西條組作品を生み出したG4 Cubeはむなしく取り外されていきました。

ということで、しばらく西條さんはメールのやり取りが携帯電話でしかできませんので皆様どうぞご了承ください。

About 2004年07月

2004年07月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2004年06月です。

次のアーカイブは2004年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.